【内容】 ExcelのDatabase関数使用例

【説明】 データから、条件を指定して集計を求めたりセルの数を求める例です。

===========================================================================
【ソ フ ト名】 Database関数の例
【登 録 名】 DBFUNC.LZH
【著作権 者】 岡崎 成人(Oz) HQM01235
【対応 機種】 Excel97,Excel2000が動作する機種
【掲 載 日】 2000/09/01
【作成 方法】 LHA にて解凍を行う。 A> LHA E DBFUNC
【ソフト種別】 フリーソフトウェア
【サポート場】 http://urbanfactory.jp/ozsof/
【転載 条件】 完全サポートできないため、転載不可です。
===========================================================================
【ソフト紹介】

 エクセルで、作成されたデータからDatabase関数を使用して、指定された条件を
満たす値を集計したり、値が入力されているセルの数の合計を求める例です。

===========================================================================
【使用方法】

 LHAで解凍した以下のファイルを任意のフォルダに入れて使ってください。

  ・Database関数.xls …… エクセルブック本体
  ・Database関数.txt …… ドキュメント(このファイル)

===========================================================================
【機能紹介】

 列A〜Dに作成してある表を、F1〜I2に指定した条件に基づいて、

1.セル“H9”にDSUM関数で、条件を満たすレコードの金額の合計
2.セル“H10”にDCOUNT関数で、条件を満たすレコードの金額
  が入力されているセルの数の合計

 を、それぞれ求めています。

ダウンロード  【 DBFUNC.LZH 】《 3,481 Bytes 》